neurofeedback(ニューロフィードバック) 認知行動療法 医療催眠療法

ニューロフィードバックカウンセリングルーム心の森

担当セラピストご紹介

カウンセリングルーム心の森では、数名の技能者が施療を担当いたしております。
臨時、または変則的なスケジュールになる事もございますので、セラピスト指名でのご予約の際は、各セラピストの受付可能日をご確認ください。

田崎 美弥子 木曜日/土曜日/日曜日/担当

心は目に見えません。だから傷ついていても、どれぐらい傷が深いのかがわかりません。すぐに心の大手術が必要なのか、安静にしていなければいけないのか、時間によって癒えるのか。
時間だけでは解決しない辛い記憶や気持ちを少しでも軽くなるように、ニューロフィードバックで、脳の状態を整えます。認知行動療法で、考え方や行動の癖を直して生きやすく致します。医療催眠では、潜在意識まで降りて、抑圧された過去の傷をもう一度手当します。最初はカウンセリングをさせていただき、できるだけより良い結果が導かれるように一緒に歩いていきたいと思います。


中島 正世 金曜日/土曜日/日曜日/担当

私の大切にしている言葉は、「感謝」「感情」「健康」の3つです。
なぜなら、感謝は感謝する人やされる人の双方の心を和ませます。感情は自分や他者の心のスポットライトをコントロールします。健康は人の心身を豊かにします。つまり、私は人が感謝の気持ちで生活することで、自他の感情に気づき調整が可能となり健康につながると思っております。
私はニューロフィードバックで、自分の意思でコントロールできない事を脳波を使って脳が学習できるようにサポートができればと思っております(パフォーマンス力の向上や不安の軽減など)。
私は神奈川県で10数年看護師として病院で勤務しておりました。その後10年以上看護師教育に携わって現在に至っております。
どうぞよろしくお願い致します。


土屋垣内 晶 

事実ではなく、出来事の知覚、解釈、過去の記憶、そして自己評価が、主観的な現実を作り上げています。だからこそ人は、将来を心配し、過去のことを悩み、今現在、不安を感じるのだと思います。認知行動療法を専門に、主に脳神経科学の手法を取り入れて研究活動をしています。
脳神経科学の知見に頼らずとも、カウンセリングやニューロフィードバックの効果はクライアント様が感じていただければいいことです。しかしながら、脳神経科学の知見を援用することで、カウンセリングやニューロフィードバックが効果をもたらすメカニズムを少しでも明らかにすることができれば、ユーザーであるみなさまが、より効果的な手法を選ぶための選択肢を提供することができると考えています。

↑ PAGE TOP